ペットの代表的な犬と猫の特徴について知ろう!ペットを悲しませないその内容とは?

最もよく飼われている犬の特徴とは?

犬のご先祖様は、タイリクオオカミと言われ気が強くて一匹でも淋しさを感じる事は無いだろうと考える人もいますよね。オオカミと言うのは、群れで行動を取る事が一般的であり、リーダー争いで負けたオオカミが群れから離れる事で一匹として活動する姿があります。この姿を一匹狼と言われ、人も同じく、グループの中でリーダーを選ぶ際、負けて追い出されたら淋しくなりますよね。働きながら一人暮らしをしている方の中には、働いている間犬に留守番をさせる事もありますが、これは犬に淋しさと言うストレスを与えてしまいかねませんよ。どうしても、一人暮らしで犬が欲しい場合は、小型犬の犬を二匹以上飼う事が望ましいと言えるでしょう。

一匹でも平気な猫の特徴とは

どの様な姿で生まれて来たかもよりますが、一般的に猫は一匹でも平気と言われています。猫は子沢山で生まれて来る事がありますが、母親の乳部は赤ちゃんの数に合った数では無く、奪い合いの競争が生じますよ。そのため、他よりも自分の事に意識が高まり、一匹でも淋しく無くなると言われています。猫は一人暮らしの方に最適なペットになりますが、自分自身に意識が集まり易いため犬の様になついてくれない可能性もありますよね。猫は高い所を好むと言われているため、猫のためにその様な場所を設ける事もポイントと言えるでしょう。

ペットロスと飼い主の使命

ペットの多くは、人よりも寿命が短く別れの日が訪れる事がありますよね。愛情を注げば注ぐほど、別れの日は辛くなりペットロスを抱えてしまう事もあります。これは、逆の発想を持つ事も大切であり、ペットよりも先に自分自身が亡くなれば、ペットに辛い思いを残してしまうと言う考え方もありますよね。特にペットは、人間よりも感情を抑える理性が発達していないため、その感情は人間よりも辛く感じてしまう可能性だってありますよ。ペットを飼う場合は、自分自身の欲求を満たす物として考えるのでは無く、神様から命を預かっている物として考え、預かっている間は、お互い様々な経験をするパートナーとして接して行く事がポイントです。肉体は消えても、ペットの魂は側にいる事を感じる事によって、ペットロスを軽減する事が可能になると言えるでしょう。

ペットショップは、愛玩動物を販売する店です。おもに犬・猫・魚が販売されていて、飼育に必要なエサや道具も売られています。